研究業績(Misc)

基本情報

氏名 森 文彦
氏名(カナ) モリ フミヒコ
氏名(英語) MORI Fumihiko

タイトル

方向別射影の標準偏差と極大・極小値による逐次的領域抽出

著者

森文彦, 山田博三, 水野真

誌名

2008年電子情報通信学会総合大会予稿集

出版者

電子情報通信学会

2008

 

開始ページ

141

 

 

終了ページ

 

出版年月

2008/03/05

査読の有無

依頼の有無

無(通常論文)

記述言語

日本語

掲載区分

国内

掲載種別

研究発表要旨(全国大会,その他学術会議)

執筆形態

共著(筆頭者)

ISSN

 

ID:DOI

 

ID:NAID(CiNiiのID)

 

ID:PMID

 

Permalink

URL

概要

顔、文字、背景差分による侵入者検出など対象物の存在領域群を抽出する場面は多数存在する。この課題に対する従来法としては、連結領域を抽出する方法1)2)3)11)と非連結領域をも統合して抽出する方法4)5)6)に大別される。連続・非連続や形にかかわらず点群の稠密な部分を塊として統合・抽出する手法として並列的手法も考えられる7)8)9)。本報告では、計算機による高速処理を目的として逐次処理による塊抽出の3つ手法min-max法、SD法、SD-min/max法を提案する。

備考