研究課題

基本情報

氏名 湯藤 定宗
氏名(カナ) ユトウ サダムネ
氏名(英語) YUTO Sadamune

研究課題

災害復興に資する社会関係資本を核とした公教育の役割と地域再生モデルの国際比較研究

キーワード1

災害復興

キーワード2

地域再生と公教育

キーワード3

リスク社会

研究分野1

教育社会学

その他の研究分野1

 

研究分野2

 

その他の研究分野2

 

研究分野3

 

その他の研究分野3

 

研究態様選択

国内共同研究

研究期間(開始日)

2017/04/01

 

~ 現在

研究期間(終了日)

 

助成金・補助金

補助金

助成金・補助金名

日本学術振興会科学研究費補助金

助成金・補助金採択年度

2017

助成金額・補助金額

4290000

助成金資金提供機関名

日本学術振興会

助成金資金区分

省庁関係助成金

補助金研究課題番号

 

掲載誌

大学・研究所等紀要

次年度予定

最終年度になる2019年度は、引き続きアメリカ等海外調査及び学会発表、報告書作成などを予定している。

研究制度

 

提供機関

 

代表者

大倉健太郎

連携研究者

 

研究種目

基盤研究(C)

配分額(総額)

4290000

配分額(直接経費)

3300000

配分額(間接経費)

990000

研究概要

災害後における公教育の役割と地域の再生を考える視点として、平成29年度は教育サービス(たとえば、バス通学)、持続可能性(環境保護など)、防災や減災(安全など)、そしてモビリティ(社会移動)などを置くこととした。また、復興に果たす教育の役割を人間形成の点から考えた時、「自助-共助-公助」のプロセスにおける自助の力は大きく、教育がこの自助の開発にどのように関われるか関心を払う必要があることが確認された。ただし、海外途上国ではインフラ整備に力点が置かれ、「Build back better(よりよい復興)」のように国土強靭化へと進む傾向があることが確認された。