研究業績(講演・口頭発表・ポスター等)

基本情報

氏名 湯藤 定宗
氏名(カナ) ユトウ サダムネ
氏名(英語) YUTO Sadamune

発表テーマ

米国チャータースクールに対するオーソライザーによる評価・支援に関する研究

氏名

湯藤定宗

氏名英語

 

会議名

日本教育経営学会第61回大会

実施年月日

2021/06/06

招待の有無

無し(通常講演)

記述言語

日本語

会議区分

国内会議

会議種別

口頭発表(一般)

主催者

日本教育経営学会

開催地

オンライン開催(広島大学)

ID:NAID(CiNiiのID)

 

URL

概要

本発表では、目的特化型オーソライザーAを事例として、CSに対する評価・支援の仕組みについて以下の2点を明らかにした。第一に、オーソライザーAは、評価・支援を担当するCadre Teamメンバーの評価能力・専門性を重要視し、多様な教育キャリアを有する人材を多く揃え、かつ、ワークショップや研修を行い、Cadre Team メンバーの評価・支援能力の維持・向上に注力していた。結果としてそれが、MDEによるオーソライザーAに対する高い評価にもつながっていた。第二に、Aによるオーソライジングはoversightを最重要視し、年間複数回のobservationを実施し、メンバー間(リーダーを含む)、あるいはCS関係者との密なコミュニケーションを通して、より適切な評価・支援を行う仕組みが整えられていた。以上のような「評価・支援能力の維持・向上」と「より適切な評価・支援を行う仕組み」が特に重要視されるのは、すべてのオーソライザーに対して言えることではあるが、オーソライザーAにおいても評価・支援能力や専門性が厳しく問われていることを示している。

備考