研究課題

基本情報

氏名 髙城 宏行
氏名(カナ) タカギ ヒロユキ
氏名(英語) TAKAGI Hiroyuki

研究課題

K-16教育連携による国際教育の推進

キーワード1

 

キーワード2

 

キーワード3

 

研究分野1

 

その他の研究分野1

 

研究分野2

 

その他の研究分野2

 

研究分野3

 

その他の研究分野3

 

研究態様選択

 

研究期間(開始日)

2018

 

~ 現在

研究期間(終了日)

 

助成金・補助金

なし

助成金・補助金名

科研

助成金・補助金採択年度

 

助成金額・補助金額

 

助成金資金提供機関名

 

助成金資金区分

 

補助金研究課題番号

 

掲載誌

 

次年度予定

 

研究制度

 

提供機関

 

代表者

 

連携研究者

 

研究種目

 

配分額(総額)

 

配分額(直接経費)

 

配分額(間接経費)

 

Permalink

研究概要

世界的に競争と共生が進むグローバル社会において、日本の成長を牽引するグローバル人材の育成が推進されています。日本の多くの大学が海外留学プログラムや英語開講プログラムの充実等、カリキュラムの国際化を進めていますが、英語力または経済的な問題、内向きな日本人学生の特性等により留学者数は低迷し、また日本人学生の英語力不足や受動的な学修態度により、学内における国際交流・共修は限定的な状況にあります。
グローバル人材とは、単に英語を使い世界で活躍する職業人のことではなく、グローバル社会において広い視野を持ち多様な文化・社会的背景を持つ人々と共生・協働し世界的な課題に取り組む市民を意味します。よって、グローバル社会における人材育成は、国際志向や外国語能力のある一部の学生だけでなく、全学生を対象に全学的に取り組むだけでなく、大学入学以前から外国語学習や異文化経験を通し、留学や国際的な学修への動機づけを行うために、初等・中等教育段階を含めたK-16の視点が必要です。
現在は、玉川大学・学園の強みである初等から高等教育までの異校種間連携による国際教育の推進、及びカリキュラム開発の可能性と課題について国内外の先進的な事例を参考に研究をしています。