研究課題

基本情報

氏名 南 佳典
氏名(カナ) ミナミ ヨシノリ
氏名(英語) MINAMI Yoshinori

研究課題

火山荒原における遷移初期段階のメカニズム解明

キーワード1

定着促進効果

キーワード2

コケ

キーワード3

 

研究分野1

生態・環境

その他の研究分野1

 

研究分野2

 

その他の研究分野2

 

研究分野3

 

その他の研究分野3

 

研究態様選択

個人研究

研究期間(開始日)

2012/04/01

 

研究期間(終了日)

2016/03/31

助成金・補助金

なし

助成金・補助金名

 

助成金・補助金採択年度

 

助成金額・補助金額

 

助成金資金提供機関名

 

助成金資金区分

 

補助金研究課題番号

 

掲載誌

 

次年度予定

 

研究制度

 

提供機関

 

代表者

 

連携研究者

 

研究種目

 

配分額(総額)

 

配分額(直接経費)

 

配分額(間接経費)

 

Permalink

研究概要

富士山などの比較的若い火山では,森林限界以上に火山荒原と呼ばれる地域が広がる.火山荒原はその厳しい環境のため,植生の発達が遅く,遷移が滞っている.そのような環境下では,厳しい環境にも耐えうる植物の侵入が重要な要素となる.遷移初期段階に侵入できる植物がもつ“定着促進効果”はその後に続く樹木実生の発芽・定着に重要である.したがって,定着促進効果を明らかにすることは,火山荒原における遷移初期段階のプロセスを解明することにつながると考えられる.